LOADING
LEADING EDGE(リーディングエッジ)公式サイト ローディング

宅トレにはトレーニングマットは必須?選び方や目的にあったおすすめを紹介 |コラム|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

columnコラム

宅トレにはトレーニングマットは必須?選び方や目的にあったおすすめを紹介

宅トレにはトレーニングマットは必須?選び方や目的にあったおすすめを紹介

(当記事はプロモーションを含みます)

こんにちは、NAOYAです。

 

さて、今回はトレーニングマットについて記事にしていきたいと思います。

トレーニングマットの役割や必要性、選び方などについて、トレーニング初心者に向けてわかりやすくまとめておりますので、興味のある方はぜひ最後までお付き合いください。

トレーニングマットの役割

トレーニングマットには大きく分けて、4つの役割があります。

床を保護(器具との摩擦や汗などの付着の回避)

ダンベルやバーベルなどの器具とフローリングなどの床との摩擦から生じる傷や凹みの予防目的で利用されます。

音や衝撃を緩和

フローリングだとダンベルを置いたりするたびに、「ゴン!」と音が鳴ります。

またジャンピングスクワットなど、飛ぶ種目をする場合は、着地時に「ドン!」と音が鳴るでしょう。

これらの衝撃や音を緩和する目的でもトレーニングマットは利用されます。

滑り止めとしての役割

フローリングだとツルツルしませんか?踏ん張る種目をする場合、滑ると怪我をする可能性があります。

トレーニングマットはメーカーにもよりますが、基本的に滑りにくい材質を用いられていることが多いです。

体の負担を和らげる

トレーニングマットは衝撃を吸収する素材でできているため、床に手足をついて行うトレーニングのときには身体への負担を軽減します。

また滑り止め効果でトレーニング時の姿勢が安定し、効果的なトレーニングが可能になります。

床になにも敷かずにトレーニングすると痛みを感じますが、トレーニングマットを敷くことで体への負担を和らげ、トレーニングに集中することができ、正しいフォームを保つことができます。

ヨガマットとしての役割(ストレッチなどをする場合に使用)

ストレッチなどをする場合に、マットの上で行うとフローリングに比べて硬くないので身体が痛くならないでしょう。

 

トレーニングマットの商品一覧になります。ほかの商品も確認してみたい方は、ぜひご覧ください。

 

トレーニングマット|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

LEADING EDGE

トレーニングマット一覧ページ

トレーニングマットはどんなときに必要?

上記の目的を達成するために利用されますが、例えば以下のような時に利用します。

床を傷つけたくない場合

特に賃貸物件にお住まいの方は、退去時に余計なコストを請求されないように、事前にマットを敷いておくことをオススメします。

トレーニングベンチやチンニングマシン(懸垂マシン)などのトレーニング器具やダンベルの下に敷きましょう。

 

 

EVA 硬質ジョイントマット 50cm 厚み1.0cm 6枚セット |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

高い硬度(硬度80)により重量系マシンを使用しても安定

EVA 硬質ジョイントマット 50cm 厚み1.0cm 6枚セット

HIITトレーニングなど、飛んだり跳ねたりする場合

着地時の音や衝撃を緩和するためにトレーニングマットを敷いておく必要があるでしょう。

また、この目的で利用する場合は、トレーニングマット自体にそこそこの厚みが必要です。

 

 

EVA ジョイントマット 大判 60cm 厚み1.2cm 6枚セット |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

室内自転車置き場にも最適!

EVA ジョイントマット 大判 60cm 厚み1.2cm 6枚セット

ダンベルやバーベルをそっと床に置くのにストレスがある場合

トレーニングを終えた時にバッと手を離して、ある程度乱暴にダンベル(もしくはバーベル)を床に放ちたい。

そういった場合は、ダンベルやバーベルを落とせるような分厚いマットが必要です。

 

 

ドロップマット |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

衝撃吸収と防音性に優れたマットで、安全・快適なトレーニングをサポート!

ドロップマット

床でストレッチをしたい場合

この場合は薄いマットで十分でしょう。

(一般的にヨガマットという名称の商品は、トレーニングマットという名称の商品に比べ、薄手のものが多い印象です)

 

 

トレーニング用 フロアマット(150cm×100cm) |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

ヨガマットより少し硬めをご希望の方におすすめ!

トレーニング用 フロアマット(150cm×100cm)

トレーニングマットの選び方の指針(サイズや厚さなど)

トレーニング目的や内容に合わせて選ぶ

トレーニングマットのサイズや厚み、材質などは、その利用目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

(例)

・トレーニングベンチの下に引きたいのであれば、ベンチを置けるくらいの長さが必要

・床を傷から守る目的のみで使用するのであれば、それほど厚さは必要ではない

・音や衝撃を緩和する目的で使用するのであれば、それなりの厚さが必要

・滑り止め目的で使用するのであれば、滑りにくい材質で作られたマットを選択すべき(ゴムなど)

・ヨガマットとして使用したいのであれば、足を伸ばして座って身体が収まるくらいの広さが必要(そして厚みはそれほど必要ない)

・ダンベルやバーベルを落とした時の衝撃緩和のために使用したいのであれば、それ相応の分厚さが必要

(これ専用のマットは実際に売っています。ダンベルミット、ダンベルマット、バーベル用クッション、ドロップマット、などメーカーによって呼び方は様々です)

 

トレーニングマットの商品一覧になります。ほかの商品も確認してみたい方は、ぜひご覧ください。

 

EVA ジョイントマット 大判 60cm 厚み1.2cm 6枚セット |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

LEADING EDGE

EVA ジョイントマット 大判 60cm 厚み1.2cm

6枚セット

 

 

EVA 硬質ジョイントマット 50cm 厚み1.0cm 6枚セット |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

LEADING EDGE

EVA 硬質ジョイントマット 50cm 厚み1.0cm

6枚セット

 

 

ドロップマット |ラインナップ|トレーニング用品ブランド「LEADING EDGE(リーディングエッジ)」公式サイト

LEADING EDGE

ドロップマット

まとめ

以上、トレーニングマットの利用目的、厚みやサイズ感の選び方の指針をまとめました。

ちなみに、リーディングエッジでもトレーニングマットを数種類取り扱っているようです。

興味があれば、ぜひ商品選びの選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

あなたのトレーニングライフがより充実したものになれば幸いです。

この記事を書いたライター

Naoya

小さな頃からヒョロヒョロ、ガリガリの体型で、身長175cmに対し体重52kgしかなかったが、自宅トレーニングのみで肉体改造に成功。
ブログでは、「自宅トレーニングのノウハウ」や「肉体改造のコツ」、「より効率的・効果的に筋肉を増やす方法」などのテーマについて自分自身の実体験も踏まえ紹介しています。

ブログ:https://garigari-mukimuki-kinniku.com/
Twitter:https://twitter.com/naoya__0312

関連コラム

2023.10.05

LEADING EDGE新商品!『パワーリフティングベルト』のレビュー

2023.03.02

自重トレーニングだけで体は変えられる?特徴やメニューを解説!

2022.08.23

おすすめのトレーニングベンチ5選。選び方や種類を紹介

2022.04.28

自宅トレーニングで大活躍!ぜひとも用意したいアイテム4選

ONLINE SHOP